So-net無料ブログ作成
検索選択

ピコーが傘に

久々の更新です。
実は5月1日〜11日まで東京谷中のギャラリー猫町での「猫の傘展」に
赤ちゃん猫当時のピコーの写真が傘になって展示されます。
GWに谷中あたりに出かけようかな〜と思われていた方は寄ってくださいね。



 傘の一部分

8枚はぎの傘に保護当時(80g)〜600g、現在の写真がプリントされています。
クルクル回せる傘に「赤ちゃん猫の成長の推移」を表してみました。
出来上がりは私もギャラリーで見るので、ちょっとドキドキです。大丈夫かな〜。


nice!(1)  コメント(0) 

あれから1年 2

昨日は黒猫サリーが我が家に来た「うちのコ記念日」でした。
1年経ったのか〜と思うと、ちょっと感慨深いです。
子猫の時にかすれていた声もかわいい声になりました。
元気で長生きしてね。
←ノックアウトされた写真。(この写真でうちのコに)

このブログも当分更新されなくなるな〜。
また、いつの日か!

ライフボート友の会〜手を伸ばせば救えるいのちがある〜


nice!(1)  コメント(2) 

あれから1年

早いもので、中学校敷地内で「ミィミィ鳴いていた赤ちゃん猫」に出会ってから、
1年が経ちました。どこのお家でも、「うちのコ(猫)記念日」があると思いますが、
今日はピコーの「うちのコ(猫)記念日」です。
赤ちゃん猫の時はなかなか「うんち」が出ず、便秘ぎみの猫に成長するのかな〜と
心配もしましたが、ミルクが終わり、離乳食、普通の食事へと変わったら
便秘ぎみも治り、このブログを書いている途中に「みごとなうんち」を
しました。(今日もうんち話?)
相変わらずよく鳴き、「ふみふみ、ちゅぱちゅぱ」とお子ちゃまモードに
なりますが、いたって元気にご機嫌に過ごしているように見受けられます。
今日は台風の影響で、結構強い雨が降っています。ピコーを保護しようと
決めたのは、「次の日は豪雨」という天気予報でした。
本当に保護した翌日は強い雨で、そのままにしなくてよかったなと
思ったものです。
縁あって、出会い暮らすことになった猫。
のんびり、元気で生きてほしいな〜と思います。

秋になり、仔猫が生まれる時季になりました。
小さな命が消えることなく、暖かい場所で元気に育ちますように。


nice!(1)  コメント(5) 

それからの2匹

2006年10月15日の日記から約7か月経過しました。
ピコーとサリーの近況報告です。

ピコー 07年5月中旬に避妊手術  5月24日現在 体重2.55kg
避妊手術が無事にすみました。80gだった体重も2550gに約30倍ですね。

サリー 07年1月末に避妊手術  5月24日現在 体重3.25kg
食べ物の好き嫌いが無く、よく食べ、よく甘えています。

血液検査も特に問題無く、2匹ともおてんばに育っていて、
毎日運動会のように走りまわり、相変わらず振り回される毎日です。
赤ちゃん猫の時に便秘ぎみだったピコーも、毎日か1日置きぐらいに出ています。
「大きくなったよ」とお知らせしたくて、7か月ぶりに書きました。

5月は赤ちゃん猫が多い季節。このサイトにたどり着く方も多い時期だと思います。
赤ちゃん猫を育てるのは大変ですが、がんばってくださいね。
体調等で不安な事があったら、動物病院に行ってくださいね。
まだ目が開いていない猫が、はじめて見るものは貴方の顔かも知れません。
あっというまに大きくなりますからね!


nice!(3)  コメント(12) 

600g超えました。ありがとうございました。

10月15日
〜見守ってくださった方々へ〜
昨日の計測、今朝の計測でピコーは600gを超えました!
ここ数日の体重増加で600g突破は間近かでしたが、無事に超え、
赤ちゃん猫」から「仔猫」になりました。
コメントやbbsへの書き込み、はげましのメール、本当にありがとうございました。
これから、便検査、ワクチン、血液検査、避妊手術といろいろありますが、
それを受けれる体になったことがとても嬉しいです。
10月1日のブログに書いたように、「600gまでの成長記録」の予定で書きはじめました。
保護40日目でブログの更新は終了します。(このまま続けると「親バカ日記」まちがいなしです。)
今後の2匹の成長は本サイト「On The Blanket」内の「hozysノート」で見ていただけたら嬉しいです。
本当に、本当に、ありがとうございました。

〜「赤ちゃん猫の育て方」で辿り着いた方へ〜
このブログは生後2、3日の「へその緒が付いた状態の赤ちゃん猫(80g)」を保護し、
600gになるまでの成長記録です。はじめての経験で感じた事や、困った事などが
猫の成長とともに書いてあります。

参考にしたサイト
ライフボートの 「赤ちゃん猫を保護された方に」
●PEPPY ドクターズアドバイスの 「おタケ先生のじゃれ猫ルーム」
(共に2006.10現在)

■飲んだミルク
ピンクの缶「エスビラック」は液体タイプ(リキッドタイプ)も飲みました。ピコーの場合、
液体タイプを飲むと「お腹がゆるく」なりました。便秘が続いたり、下痢が続いたりしたら、
ミルクが合わない可能性もあるので、ミルクの銘柄を変えてみるか、
溶く濃度を変えてみるといいそうです。そして、飲みたいだけ飲ませる。

※2008.7月 追記
向かって左から 共立製薬エスビラックパウダーミルク
液体タイプは エスビラック リキッド 猫用
中央青い缶は ONE LAC GOLDEN CAT MILK (森乳サンワールド)
白っぽい缶は ペットボタニックス ゴートミルク粉末 です。
始めにエスビラック、途中からGOLDEN CAT MILK、
結構大きくなってからゴートミルク粉末を使用しました。
それぞれによい所がありますので、検索して特徴を比べてください。


■使用した物
哺乳瓶、シリンジ(1ml、2,5ml、6ml)
ピコーは小さすぎて、はじめ哺乳瓶からうまく飲む事ができませんでした。
1mlのシリンジからはじまり、6mlのシリンジを使用し、哺乳瓶に戻りました。
細かく飲んだ量を計るのでなければ、スポイトも使い易いと思います。
(シリンジは使用していると、ミルクの油のせいか、ゴムの動きが悪くなります。
スムーズに動かなくなってきたら、新しい物を使用する事をおススメします。
無理に押し出そうとして、ミルクが勢い良く出て、気管につまる恐れがあります。)

2時間おきの授乳も、必ず間隔が開き、眠れる日は来ます!

小さな哺乳瓶/シリンジ(2008.08追記)http://www.pethaku.jp/1150/index.html   

 

 


nice!(2)  コメント(16) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。